事故状況の調査

解説

捜査記録は公開されるとは限らないので、事故現場の調査が必要な場合もあります。依頼者からの聴取とあわせ、事故原因解明のために事実関係を調査するわけです。調査結果は、後日の過失割合の検討や判例調査の際の基礎資料となります。

何を調べたらよいのか

交通規制等

事故状況の調査_交通規制
  1. 当方の速度、制限速度 
  2. [check]相手方の速度、制限速度



道路状況

  1. 舗装 アスファルト・コンクリート・その他
  2. 非舗装 砂利・粘土・その他
    事故状況の調査_道路状況・運転操作
  3. [check]路面 平坦・坂道・上り・下り
    乾燥・湿潤
    凍結・積雪



運転操作

  1. 最初に相手を発見したときは         そのときの相手は
  2. 危険を感じた地点は              そのとき相手は
  3. ハンドルを切った地点は            そのとき相手は
  4. ブレーキをかけた地点は 
  5. [check]衝突(接触、追突)した地点は
  6. 停止(転倒)した地点は      相手が停止(転倒)した地点は

その他

  1. [check]市街地・非市街地
  2. 歩車道区分 有・無
  3. [check]信号又は標識    信号(有・無)   一時停止(有・無)
    事故状況の調査_信号
  4. [check]見通し(良い・悪い)
    右・左・前方
  5. [check]道路幅  自車側   相手側
  6. 天候
  7. 視界  工事・障害物
  8. [check]交通量
  9. [check]衝突の部位
  10. [check]ブレーキ痕



解決のヒント

事故状況報告書の作成に必要とされます。


ご質問・お問い合わせはお気軽に!
お電話による相談・面談予約は072-429-5011まで

メール相談 もこちらから

全国対応しております。




a:3390 t:1 y:0